我が国でも人気高く紅茶界のキングと言える存在のダージリンティー。ここではそんなダージリンティーについて説明していきます。
Show MenuHide Menu

ダージリンティーの「ダージリン」って?

紅茶のキングで我が国でもポピュラーなダージリンティー。

ダージリンという名前の由来は?ここではダージリンティーについてご説明しますね。

北インドのヒマラヤ山脈すそ野に拡がる高地エリアを示すのがダージリン。

細かく言うと、インド西のベンガル州最北端のブータンとネパールの間にある高原エリアです。

ダージリンはチベット語で、雷神様という意味のドルジと土地と言う意味合いのリングが合体した名前になるのです。

すなわちチベット語の「雷神の地」という意味がダージリンになるわけです。

インドがイギリス帝国の植民地だった頃存在した「東インド会社」。

その会社の職員でカルカッタ(現在のコルカタ)に住居を構える人達は、初めは高原のリゾート地は存在しませんでした。

とにかく暑さと共にあるイギリス人には、リゾート地はパラダイスとも言える所だったのです。

そんな時、山の奥地にあるダージリンが抜擢されました。

そうなる前までは、その山林地域はめったに人が住むことがありませんでした。

ヒマラヤ山脈の冒険家として名高い知事J.W.グラントが1829年にG.w.ロイド大佐と一緒に、このダージリンの土地を調査しに行ったのです。

そうして1838年より開発がスタートするのです。

1842年になるとシリグリからダージリンの間の道路完成となり、加えて1869年には馬車が通ることが出来る道が完成しました。

1881年にはダージリン・ヒマラヤ鉄道、トイ・トレイン全線が開通となりました。

現在では世界遺産になっているそうです。

※こだわりの茶葉は、http://www.khora-tea.com/こちらで選ぶのがオススメです。